ホーム > 暮らし > しっかりとした計画

しっかりとした計画

実際にノートPCの画面の前で、つねに上がったり下がったりしているレートを見てしまうと理由無く取引をせずにはいられなくなるという感情に駆られる状況も多いです。

しかしながら、不確かな勘で売り買いをすることだけは、絶対にしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、市場は1日中市場がオープンしているしマーケットも休みなく、変化しています。

 

しかし、売買を積んでいくと、その回数分だけ損失を被る確率が増します。

 

当然、売り買いの数を増やすことによって、トータルで儲けられる確率が五分五分になります。

 

しかしこの事は「明確でない感覚で注文」とは別問題です。

 

売買回数を増やすという意味は、自ら「ここで勝負」と思いついた確信を持ったところでの売り買いの回数を重ねるという意味です。

 

特段の理由も無く、のべつ幕なし売買をするのとははっきりと違う。

 

マーケットの駆け引きに臨むにはあなたが思案してけじめをつけることこそが重要です。

 

「ここだ!」と思った市場の時には思い切ってポジションを増やして覚悟を決めて利益を追求します。

 

「明らかに頭をかかえる外国為替市場でどうなるか思いつかないな」と思い至った時は、観念して所持ポジションをひとつも残さないで諦めて黙っています。

 

そのくらいのリズムをつけた方が最終的に売り買いはうまくいきます。

 

為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通り。

 

FXとはいつでもポジションを保有する事がすべてではなく、ポジションを保有せずじっと待っている事も時には、FXです。

 

それでは、どの場面で、休むべきなのでしょうか。

 

第1に言われるのが先述した通り、これからの為替相場が今ひとつ分からない時です。

 

これから上がるのか下がるのか決める事が出来ない時は、考え無しで行動すると、自身の作り上げた物語とは逆方向に市場が変化してしまい、損する事になってしまいます。

 

こういった場面ではポジションを減らしてそのまま何もしないで様子を見ているのが最良の方法です。

 

もうひとつの場面は、自分の体の状態がよくない時です。

 

体の具合と市場に影響ないと感じる投資家もいるでしょうが実際には案外関係あります。

 

体の調子がすぐれなければ為替相場の大少な状況で、冷静な決断ができなくなります。

 

気分が進まない時は、FXから距離を置くことも大事なことだ。

 


関連記事

女性の薄毛その時に
薄毛の原因は加齢やストレス、ホルモンバランスの崩れなど様々です。女性は薄毛に対す...
しっかりとした計画
実際にノートPCの画面の前で、つねに上がったり下がったりしているレートを見てしま...
足場
学校の工事の足場の業者?まじでヤンキーでびっくり。 金髪に 赤髪に ミニーちゃん...
体の中からアンチエイジングができる
最近、酵素ダイエットって、よく聞くよね~。芸能人のブログとか見てもよく載ってるし...
テスト
テスト記事です。...